雪加blog

映画、読書、日々の事・・・

しあわせの絵の具・・・

      f:id:sekka06:20180314133328j:plain

今日のおやつは中華街で買ったミニ月餅(棗泥 なつめあんです。)

3×5㎝位の小さいサイズ

中華街に行ったら自分&家族用に頂好食品のお菓子を

必ず買います。お店の外にテーブルがあってそこに中華菓子が

色々並んでいてとっても素朴でカワイイのです、もう何十年も

そこにある・・・という感じ。

とにかく種類が多くて目移りするほどです。

夫や息子はパックと食べて終わり・・

このカワイサに触れて欲しいですね。(無理だけど)

 

そういえば・・横浜でも朝食後、ホテルの下に映画館があったので

映画鑑賞!

 


映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』予告編

『しあわせの絵の具』

サリー・ホーキンスシェイプ・オブ・ウォーター

イーサン・ホーク

リュウマチを患って手足が少し不自由なモード

絵を描くのが好きで心は自由・・家族に疎ましがられて

お荷物扱いされていたけれど自分で住み込みの家政婦の仕事

を見つける・・・。 

大変な人生です。兄や伯母も腐っていて家を出る覚悟をしますが

中途半端に優しかったら家を出ずに画家になることもなかった?

自分の人生を歩んだ勇気ある女性ですね。

ボロボロの小屋がモードの絵でどんどん暖かくなって行きます。

かたや、エベレット(イーサン)も働きづめで尚苦しい・・

モードを受け入れるまで、自分を出せるようになるまで数年かかる

 

家の中に勝手に絵を描くモードに

部屋の半分は描いていい・・というところが良いシーンです。

心が荒んだり、苦労が過ぎていて素直になれないどころか

酷い人間に見えてもその中にはその人らしさが隠れている。

出会いは共鳴ですね

その時は自分でも気付かないけれど心はちゃんと選ぶというか・・

★★★★★★★★ 8コ