雪加blog

映画、読書、日々の事・・・

シェイプ・オブ・ウォーター・・

  
  『シェイプ・オブ・ウォーター』日本版予告編

アカデミー作品賞を受賞したギレルモ・デルトロ監督の

シェイプ・オブ・ウォーター』調布トリエで観てきました。

泣けます・・、一人で観たら多分号泣だったかもしれない

 

帰ってきてから監督のインタビュー記事等読みました。

1960年代が舞台だけれどこれはそのまま今のアメリカを表している

難民排除、人種差別、トランジェンダー、格差・・

今の映画を作ったら炎上するでしょ~ですって。

スポンサーに口出しさせないために自分の資金もかなり注いで

監督が6歳の頃にみた『大アマゾンの半魚人』をずっと心に持ち続け

て作ったそう・・

 

60年代って東西冷戦期、人種差別の運動も始まってはきたけれど

黒人や障害を持った人、ゲイ等人間扱いされていない時代です。

そこらへんが丁寧に描かれてます。

 

愛にあふれていて・・ラストが素晴らしくて・・

来週もう一度ラストを観るために行こうかな~

 

アマゾンのクリーチャーがドンドンカッコよくなっていきます♡

 

監督はこの映画を今のアメリカっと考えているそうですが

そのまま今の日本ともいえる。

 

冷徹で残酷な政府高官、ストリックランドがドンドン追いつめられて

いくのですが、彼が何だか・・・今の国税庁長官とダブってきて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とても哀れです。(キャストが最高!)

 

 

分断された世界に生きている感じがしてきていますが

戦ってもエネルギーを消費するだけ、彼らに(誰だ!?)勝つのには

幸せになる事なんだよね~と、イライザに教わる♡

幸せの形は皆違う・・をこんな風に見せてもらいました。

自分だけの幸せを考えたくなります。

 

グリーンの世界も美しい。

大人の映画。

*でもやはり、人によるというか・・特殊な映画ですね。

でも村上春樹カズオイシグロの愛に通じるんですよね

私の中では・・

 

★★★★★★★★★9コ