読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪加blog

映画、読書、日々の事・・・

3月大歌舞伎・・・

海老蔵さんの『助六由縁江戸桜』、を観に3月大歌舞伎、夜の部へ行

ってきました。

1、引窓(ひきまど)主演 幸四郎

2、けいせい浜真砂(はまのまさご)藤十郎 仁左衛門

3、助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどさくら)海老蔵

・・の3部構成。

 

場内は満席、助六の幕が上がるときの客席の無言の盛り上がり感が他

の時と違っていました。皆さん楽しみにされているのですね~

一番良かったのは助六・・ではなくて松本幸四郎・右之助・彌十郎

んの『引窓』でした。渋くて地味な演目ですが家族の思いやる情がひ

しひしと伝わってきて素晴らしかったです。

 

2のけいせい浜真砂はほんの10分位の短ーい演目に大がかりで贅沢な

美術、あっと言うまの夢をみたような・・

 

助六も勿論良かったのですが、姿も声も美しい海老蔵さんが

突出していて調和が欲しいような、揚巻(おいらん)の美しさが

もっともっと欲しいような・・女型というのは衣装の重さが半端な

く優雅に美しく演じるのには相当な体幹が必要だと想像できます。

 

助六由縁江戸桜でしか聞くことのできない浄瑠璃、河東節というもの

を鑑賞できました。海老蔵さんの背負うものの大きさを垣間見た次第

です。きっと一生かけて創り上げていくものなのでしょう、また次を

観たいと思います。

 

役者さんが見得をきり型を決める場面が大好き

3人の時はまるでパフュームみたい♪

(いやパフュームが歌舞伎的ですね、同じポーズをとらず

3人3様)

勘三郎さんのことば

型があるから型破り・・型がないのは型なしなんだよ~って

歌舞伎座へ行くと聞こえてきます♪

 

夜の部なので家族に五目ずし等作って出たので今回の観劇弁当は自

作。(五目ずし、ささみの梅フライ、モズクの卵

焼き、ピーマンきんぴら、)

お弁当を席で食べていたら近くの方が

トイレで真っ赤なスーツのデヴィ夫人がいたわ~と、

会いたかったな(^^)