読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪加blog

映画、読書、日々の事・・・

2017・・・・・

     f:id:sekka06:20170104155344j:plain

               2017

     happy new year !  ******

           今年も宜しくおねがいいたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年末・年始はお天気も良く空気が澄んでいて星もきれい

そのようなスッキリとした1年になりますように***

 

今日は銀座松屋で開催中の『白洲正子と着物』展に行ってきました。

パンフレットには・・

”どんな豪華な衣装でも

ぴったり身について

ふだん着のように見えればしめたもの

そういうことを

「着こなし」というのです。”

とありました。

 

能の衣装を除けばほとんどが縞や格子、無地(琉球紬が多くありました)・・

着物と帯の組み合わせも色のトーンが同等でシック

とても好きな感覚ですが、それには正子さんの凛としたクールな

女性が着ることで野暮にならず完成されるのでしょうね

10~20代のドレス姿も現代ぽい垢ぬけた美しさ、

(こちらは今回初めてみました。)

紬の職人さんとのやりとり(和紙に絵手紙)や食器や小物など

隅々まで”白洲さま”でございました。

 

 

ココからは長いです。スルーしてくださいね(笑)

お正月3日から3泊4日で義妹宅に行ったgibo・・

気分よく銀座を歩いていたら電話があり、何もやることがなくて

頭がおかしくなりそうだから帰りたい!とえらくおかんむり!!

え!1泊でもう帰宅????

そんな~~~( ;∀;)

もう少しゆっくりして来てください・・とは言いましたが

どうなるかな?

この問題、我が家だけではないと思いますが本当にきついです。

暮れに”年賀状を買い忘れた!大変~!!”と1週間言い続け

買って渡してあるのに書くことはなくお正月を迎え

元旦に頂いた年賀状に返事を促すと

別に出さなくても構わない!少ししかきてないし・・とのたまった。

 

・・・そこで初めて年賀状はもう書けなくなってしまったのね、

と気付くわけです。はじめから気づけよ、わたし・・と思いますが

大体は大きな騒動になってからでないとわからないのですよ。

(来年は今年の酉年の年賀状を渡しておきます。)

 

giboの女学校の同級生の年賀状には・・お嫁さんが書いたと思われる

「記憶がはっきりしなくなってきたのでお年賀状はおしまいにしたい

と思います。」と・・・ありました。

 

ユーモアとアイディアが必要ですが心に余裕のないところに

それらは生まれない。賢くなりたいな~。