雪加blog

映画、読書、日々の事・・・

辰巳芳子 天のしずく

関西に越して行った友人が急に来ることになって

ランチしておしゃべり・・2年分の話題の出し合い。

7歳も年下ですが昨年お孫さんが誕生って~♪

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画 辰巳良子 天のしずく

録画して鑑賞。

食に対する考え方が日本で一番(?)厳しい方だと思いますが

手抜きが一切ないのでまねたり、ちょっとやってみようという

軽い気持ちで入ることが出来ない

本も何冊か読んでいますが、遠い存在でした

今回は自分も多少成長して?、すんなり入ってきた

日本の農業と食がテーマ

辰巳さんの結婚後3週間で戦死されたご主人の話など

いま丁度戦争についての話題が多い中沁みました。

【”美しい国日本”なんて安倍さんが良くおっしゃいますが

軽々しくてしらけるほど。】

もし、辰巳さんのような人が国のリーダーだったら全く別の

日本が出来たんだろうな~(これは妄想遊びです。)

後半のおせちの煮物の美しさに涙。

この映画は村上さんの小説にも通ずるところがあります。

全くの名もない個人の人生に心を寄せられること

それが出来なければ何もできないと思うけれど

違うかな?(映画からちょっと、それた?)

素晴らしかったです。

tennoshizuku.com