雪加blog

映画、読書、日々の事・・・

怖かった・・・

図書館のはしご。

最近は7~8冊常に借りているので大変ありがたい存在

私の街の図書館がもっと充実すればさらに良いのだけれど・・・

(雑誌など読みたいのほとんどなし・・残念)

 

矢作直樹著の「人は死なない」が面白かった。

強烈なタイトル、現役臨床医がかかわった患者さんの生と死で

肉体と魂は別なんじゃないか?肉体は死んでも魂は生き続けるのでは

?という疑問が芽生え色々研究しているよう・・

こういう人が言うと普段信じないような人も耳を貸すでしょう、きっと。

幾つか例が出ているけれどとても怖いものがあって眠れなくなる。

 

人は死なない?ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索?

人は死なない?ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索?

 

 

 

日曜日は映画館のポイントで1本観た。

デンゼルワシントンのイコライザー

ホームセンター勤務の元CIAが弱者と正義のためにロシアンマフィア

と戦う・・強すぎる~~~、デンゼルワシントン

突っ込みどころ沢山あるけれど良しとしよう。

続編できそう。