雪加blog

映画、読書、日々の事・・・

魅惑のコスチューム バレエ・リュス展

f:id:sekka06:20061221182355j:plain

雨の金曜日、国立新美術館

『魅惑のコスチューム バレエ・リュス展』鑑賞

小雨って美術館日和、ゆっくり時間をかけて観ることができました。

ピカソの最初の奥さんはバレエ・ダンサーだったのですね~

会場の中はもうタイム・スリップしたような空間で

アトリエや楽屋のざわめきが聞こえた!たしかに・・。

ピカソ、キリコ、マチス、マリーローランサン、シャネルの

仕事を観ることができます。

一番引き付けられたのはスタート時に衣装や美術を担当した

ロシアの芸術家レオン・バクストのデザイン画です。

デザイン画の域を超えた美しい作品でした、写真集が欲しい。

そしてピカソの仕事ぶり・・・何してもピカソなのですね。

会場のあちこちで流している舞台の映像、どれも良かったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国立新美術館、雨でも乃木坂から直結で行けるし

カフェやミュージアムショップ、ライブラリーがあるので

一人でもゆったり楽しめますね♪