雪加blog

映画、読書、日々の事・・・

グランド・ブダペスト・ホテル

ウェス・アンダーソン監督のグランド・ブダべスト・ホテルを

新宿で鑑賞。

はじめの部分、寝不足で多分細切れで10分位寝てしまったかも

何ということでしょうね~

そして最高に大好きな映画でした。

1930年代の架空の国のホテル・コンシェルジュのお話

事件も起きてミステリー仕立てだけれど絵本のような

恐ろしく品ぞろえの良い古着屋でショッピングしているような・・

この監督しか出せない、オリジナルな世界、キュートです♡

脚本も素晴らしくてコンシェルジュの長年培った仕事のやり方が

どんなときにも発揮できて段取りの良さにうっとり。

そして有名な役者を取り立てて目立たせない演出も憎くて

好き嫌い別れる映画だと思うけれど私はもう一回観たいな~♪

f:id:sekka06:20140627221005j:plain

衣装もお菓子もラブリー。

(衣装はミレーナ・カノネロ、古くは”炎のランナー

ソフィア・コッポラ監督の”マリー・アントワネット”等の衣装を

担当)