雪加blog

映画、読書、日々の事・・・

フライパン  「悪の教典」

 

f:id:sekka06:20130519094126j:plain

f:id:sekka06:20130519094303j:plain

コーティングされたフライパンが古くなったので処分、次はどれにしようか?

と探していますが間に合わせに「フライパン用クッキングホイル」というものを

見つけたので買ってみた。

鉄のフライパンにひいて使用すると油をひかずに何でも焼けます。

かなり使いやすいので新たにコーティングフライパンを買わなくても

いいかも。

パンケーキも1枚で何枚も焼けますね。

ただゴミが出るのでエコじゃない?

ラップを極力使わないようにしているのでそれで相殺して・・

フライパンもこの鉄のものと卵焼き用二つでいいかもしれません

そして油を使った炒め物をしても紙を捨てればよいのでお水も減るでしょう・・

・・・・・・・・・・・・・

伊藤英明主演「悪の教典

これは・・観なくても良かったかも、気分が悪くなった。

(教師がクラスの生徒全員を殺すのだから)

気分が悪くなるような映画もたまに観ますがそれに意味があれば耐えられますが

これはどうだろう???

どんな犯罪者も生まれたときは”かわいい赤ちゃん”で犯罪者になるべくして

生まれる人間はいないと思っているのでもしそれが初めからだとすると

その人もその人にかかわった人もただもうお気の毒としか言えない話で

そこにストーリーが生まれるのかどうか疑問?違うかな。

原作は読んでいないのでわかりませんが・・・

ただ伊藤英明さんはじめキャストの方は皆良かったです。

(染谷君の素晴らしさ!)

三池監督の映画、いつも何か足りない。派手なだけといったら言い過ぎか

悪の教典 序章」も少し前にみましたがこちらのほうが良かった

序章をみて期待してしまったのかも。

そんな同じような理由で三谷監督もだめ、人気があるけど良さがわからない・・

バイオレンスでもアウトレイジがやはり好きだな~♪(勝手な独り言です)