雪加blog

映画、読書、日々の事・・・

ききがたり ときをためる暮らし

 日曜日・・

残念ながら曇り空、少し寒い・・午後になったら日が差してきたので

急いでお茶と本だけ持って夫と多摩川のお気に入りの斜面で読書

 

 

ききがたり ときをためる暮らし

つばた英子 つばたしゅういち

二人合わせて171歳のご夫婦の暮らしぶり

自宅の畑で沢山の野菜や果物をつくり自分たちで出来ることは

なんでもやってしまう暮らしには、もう人生の知恵がこれでもか、というほど

詰まっています。些細なことでケンカになりそうな事を(うちのように)

回避するための工夫が素晴らしい・・。

  畑仕事は奥様の英子さんが中心だけれど高齢の女性には大変な力仕事が必要な時

  にお手伝いをお願いする立て札を畑に立ておくそう・・

  それを見たしゅういちさんが手のあいた、自分の都合の良い時に手伝うそうで  

  口で頼むと命令になってしまう時があるからそれを目印で知らせるそうです。

夫が年々口うるさくなってくるというのはうちだけではない様ですが(夫はここを

見ませんよ~)

そんな事も文句を言っているだけではなく何か知恵を使わないといけないですね。

つばたさんご夫婦は家の中の物理的な仕事は極力話さないで目で見て

わかるようにしていらっしゃいますが、これは大概の夫婦と逆

その他にもお金の使いかたや人とのお付き合い等はっとすることばかり

 

この本はある方のブログで知って読みたくなり”今日amazonで買おう”としていた時に

友人が貸してくれました、本に関してのシンクロがすごいです♪