読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪加blog

映画、読書、日々の事・・・

団地・・・

     
     映画『団地』本編映像

 

坂本順次脚本・監督。藤山直美岸部一徳大楠道代斎藤工・・

2年前に長男を事故で亡くし長年の漢方薬局を畳んで団地に越してき

た夫婦・・息子を亡くした悲しみと共に淡々と暮らす夫婦と

団地で起こるドタバタ・・と思ったらSFですか~??

 

思いもよらない物語なのでなるべく何も知らず観たほうが

愉しめます~。おかしな映画ですが翌日になってしみじみとした

温かいものがやってくる・・

★★★★★★★(7コ)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここでまたシンクロ。

昨年近所の大きな団地の中のスーパーが変わったので良くいくように

なりました。

団地の中を通ってみると・・・

昭和な巨大団地で公園がいくつもあり遊具が昭和レトロ

滑り台などはコンクリートの抽象アート作品!

人も少なく空気もきれい、大きな木が沢山で買い物の往復が

とても気分良い・・写真にとって夫に見せましたがうまく伝わらず

昨日連れて行った。

 

団地の外側の通りは知っていましたが中は不思議な異空間で過去と未

来が交錯しているような・・・

上の映画『団地』、ここでも撮れるね~映画を創る人だったら

イメージがわくの良くわかります。

 

                 f:id:sekka06:20170122103814j:plain

 

                      f:id:sekka06:20170123154012j:plain

 

                f:id:sekka06:20170122103328j:plain

 

読書・・・。

     f:id:sekka06:20170120123104j:plain

           編み、編み~♪

 

川上弘美さんの日記『東京日記 4』読む。

作家の日常は小説の材料になるような出来事が自然とあるのですね

何度も笑う。楽しすぎ。

 

年末に図書館で『夜と霧』を借りて読んだ。

アウシュビッツから生還された医師が書いた本、まだ読ん

でいなかった。人類の必読書?)

 

年始に本屋さんを歩いていたらピピっとひっかかる本を見つける。

何の知識もなく、ただ強烈なタイトルに惹かれて買てみた

 

白石一文『この世の全部を敵にまわして』

怖い、怖い・・家族や子どもさえも一切愛していないというところか

ら始まって途中病的ともいえる地獄を通過して

ラストは不思議な爽快感。

巻末の解説は川上弘美さんでした。

解説には・・

この本を読みながら『夜と霧』を手に取り、何も共通した所はないの

にこの2冊が同じように響いてきた・・というようなことが書いてあ

って驚く。

人間の命と愛について。

こんなにも素晴らしい解説に出会ったことが嬉しい。

 

良い読書体験でした。

 

夜と霧→この世の全部を敵にまわして→東京日記4(川上弘美

の順番で読みました。

 

川上さん、小説も何冊も読んでますがこの解説で力量を再確認、

失礼しました。

 

 

 

 

 

人生フルーツ・・・

    
心温まる夫婦のドキュメンタリー!映画『人生フルーツ』予

ポレポレ東中野で観てきました。名前は知っていたけれどこの映画館

に来たのは初めて、超ミニシアター・・でした。

津端修一、英子さんご夫妻、著書は何冊か読んでおりますが

2015年に修一さんが90歳で亡くなられてその後奥様の英子さんはどう

されているのか?勝手に心配しておりましたので一昨日この映画の事

を知り早速観に行った次第です。

100人位の小さな劇場ですが平日のお昼間でも満席

高齢な方が半数以上の中に様々な年代の方がいらしてました。

 

映画では修一さんの建築家としての人生に添わせた物語と奥様の畑仕

事と食、ご夫婦の暮らしぶり・・

何故、あのような自給自足に近い暮らしをされてきたのか

戦争体験や戦後の経済優先の世の中で建築家としての落胆から

の二人の生き方・・・

 

わざわざ足を運ぶ価値のある映画です。

(価値観にもよりますが^^)

 

湯を沸かすほど・・も泣きましたがこちらも涙・・・

こちらはドキュメンタリーなので尚更です。映画とうのは

監督の意図というか何を伝えたいかが入るわけで

本で知った暮らしぶり以上に多くのメッセージを受け取りました。

90歳と87歳の暮らし・・逆に最先端じゃあありませんか♪

 

いきなりですが今年のベスト5に入る予感。

★★★★★★★★★(9個)

何だか★等つけてたらお二人に申し訳けない気がしますが・・

 

深読みですが・・・

どんな小さい思い、行動でも外に影響を及ぼさないものなど

ないということでしょうか・・

自分のことを振りかえって怖くなりました。

 

DVDが出たらまた観ます!

 

 

多摩川・・・

     f:id:sekka06:20170111142108j:plain

 

     f:id:sekka06:20170111143239j:plain

多摩川散歩。

富士山のシルエットもくっきり、空気は澄んで寒さも気持ちよく

感じるほど。

(カモは公園の池に沢山きていました。他にも数種類の鳥を

見つける。)

 

     f:id:sekka06:20170110184139j:plain

タラと温野菜のレモンバターソース

カリフラワーとカブ、にんじんとグリンピース

冬の野菜は美味しい。

 

 

男物・・・

                    f:id:sekka06:20170107145429j:plain

12月のぼろ市で買った男物の着物と羽織3枚を

解いて洗ってアイロンかけた。

軽くて薄くて・・それでいてしっかりとした絹

この一連の仕事がとても好き

すでに抱えている着物や着物地、この1年で全て使ってしまおうと

思っていましたが(空にする)

着物と言っても幅広くその時々で好きなものも変わるので

気が付くと次はこんなのを探そうか?~なんて考えが広がって

困ったものです。

 

エスニック鍋にしようかと思ってましたが

海南鶏飯に変更。久しぶりに作ったけれどおいしいですね♪~

もし一人暮らしだったら小さい土鍋でたいてサラダやスープを

付けて簡単でかわいくて美味しい。

 

鍋・鍋・鍋・・・

          

     f:id:sekka06:20170106230036j:plain

黄色いのはカリフラワーをターメリックとクミン、塩とお酢を入れた

マリネ&トマト、サラダ紅大根。

 

お正月は野菜がたくさん、3日続けて鍋でした。

しゃぶしゃぶ、海鮮鍋・・今日はカレー鍋(昆布のお出汁にお醤油と

お酒、そこにフレーク状のカレー粉を入れたベース、カレー薄めが

美味しいです。)冬の食卓はお鍋メインではなくても火にかけた鍋が

あるととても温まる。

冷蔵庫にはいつも昆布を入れたお水が待機で即できます。

 

明日はエスニック鍋にしようかな?

 

 

 

 

 

 

湯を沸かすほどの熱い愛・・・

     
   宮沢りえ出演!映画『湯を沸かすほどの熱い愛』予告編

 

今年最初の映画、観てきました。

2時間ほど?の中で何度も涙・・

まわりの方たちもその模様・・

 

体調が少し変だな~と言うときにパート先でいきなり倒れて

病院へ行くと末期がんの診断、あと2~3か月の余命宣告。

一日泣くと、自分には時間がないのにやらなくては死ねない件が

山積みと気付き猛烈に動き出す・・・

 

ラストは当然悲しいのにさわやか。

タイトルの意味もラストで判明しますが・・ちょっとびっくり

映画ですから・・

★★★★★★★★(8コ)